住宅資金贈与、非課税枠拡大!

09.08

2015年度税制改正において、国土交通省は、住宅の購入や増改築をした資金を親や祖父母からもらった際の贈与税の非課税枠を最大3000万円に拡大するよう要望することを決めたようだ。

現行(2014年)の非課税枠は、省エネ・耐震住宅が1000万円、一般住宅が500万円となっているため、住宅取得資金の贈与特例を活用する場合には贈与の時期に注意しましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

事務所からのお知らせ

ページ上部へ戻る